あがり症の症状と克服



あがり症の治療施設

 

 

あがり症を治療する施設や場所と言えば、やはり病院が一番に思い浮かぶでしょう。あがり症は心療内科や精神科で診察が受けられます。

 

 

心療内科は、ストレスから発疹が出たり、胃腸の調子を崩すと言った症状がある場合であり、あがり症の他にも多汗症や過敏性腸症候群、過食症、夜尿症、月経前緊張症などの治療を受け持ちます。

 

 

それらを総称して心身症と呼ばれる事が多く、診察は血液検査などの内科の診察から始まり、心の状態についても検査をして、改善を図ります。

 

 

精神科はうつ病や神経症を主に診る科です。以前なら精神科に罹るのは偏見があったのですが、今は精神病は「心の風邪」と表現される事から分かるように誰でも発症する可能性のある病気とされ、敷居もかなり低くなっています。

 

 

神経系の異状を診察する神経科でもあがり症の診察を行う病院もあります。神経科と精神科は使用する薬物に共通した物が多く、両方を併設して事も多いようです。

 

 

あがり症の治療は、医師が患者の話を聞き、それぞれに最適な治療法や投薬を行います。投薬をせずカウンセリングをして治療を目指すカウンセラーは、公的・民間も含め、たくさんいます。

 

 

インターネットでもカウンセリングを行うサイトや、あがり症情報サイトなどがあるのでこちらを利用してみても良いでしょう。