あがり症の症状と克服



あがり症は対人恐怖症

 

 

あがり症は一種の対人恐怖症のです。では、対人恐怖症について述べてみましょう。

 

あがり症を始めとする対人恐怖症は、人との係わり合いの中で接触を避けようとしたり、恐れとかパニックを起こす状態に陥るなど、人付き合いに対する恐怖症です。

 

 

「恥の文化」の表れと考えられ、西洋文化では他人から非難される事を恐れる恐怖とは違い、自分の行動が他人に迷惑なのではと捉える事が発端となるようです。

 

 

日本特有の症状とされ、個性を大切にする国では対人恐怖症は見られないといわれます。日本では、とかく「集団」あっての「個」であり、上下関係や近所付き合いなどが大切にされてきた歴史的背景があって、協調性が重んじられてきました。

 

 

周りと調和が取れない自分に失望にも似た感情を抱き、人付き合いが上手く行かない事に恐怖を覚えるのでしょう。

 

 

あがり症の方は日本人にとてもたくさんいるとされます。あがり症の他にも、対人恐怖症にはいくつかの症状があります。

 

 

赤面症、視線恐怖、体臭恐怖症、多汗症、電話恐怖などが一例であり、神経質な性格の方がなる傾向にある事が分かっています。

 

 

しかし、ちょっとした事が切っ掛けで大人になってからあがり症になる事もあります。今は、対人恐怖症はれっきとした精神疾病だとされ、病院での治療も以前より格段に進んでいます。