あがり症を精神安定剤で克服

2009年8月14日 16:48 | コメント(0) | トラックバック(0)
もう一度訪れたい。そう思わせる一流ホテルの「おもてなし」とは?東京を代表する3つのホテルのサービスに迫ります。

 

あがり症を治療するのに精神安定剤は大きなメリットがあります。精神安定剤は有効性があり、高い効果が期待できます。
あがり症の為とは言え、精神安定剤の使用に躊躇したくなる方もいるでしょう。精神疾患で重用される薬物が多く、怖いイメージがあるのかもしれません。しかし、医師の診断の元に使えば、あがり症克服にとても役立ちます。医師と相談しながら適切に服用すれば、あがる悩みも低減します。
精神安定剤にはいくつか種類があります。
あがり症に良く使われ、効果に定評あるのが坑うつ剤でもあるSSRIと呼ばれる薬です。SSRIは効果が出るまで2週間程度掛かり、服用中の飲酒を避けねばならない注意点があるのですが、副作用も少なくて眠くなったりもしません。
あがり症を早急に抑えたいのなら、ベンゾジアゼピン系の薬物が向いています。高い効果と速効性で選ぶならこちらが良いでしょう。ですが、SSRIと同様にアルコールは避けてください。
加えて眠気が出やすい薬であり、正しくと服用しないと依存症や副作用が出る可能性があって、長期使用は効果を薄れされるようです。
他にも、アセルコリンの働きを抑制してノルアドレナリン分泌を抑制する抗コリン薬もあります。依存性が無いのが利点である反面、副作用が強いとされます。
あがり症に精神安定剤は効きますが、使用については細心の注意をし、医師の説明などにはきちんと従うようにしましょう。

 

 イケアの家具  エイビーロード  えきねっと  ガルシアマルケス
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

あがり症の原因
あがり症にはどのような原因があるのでしょうか。原因が分かれば、悩み解消も早まります。
あがり症と赤面症
あがり症でもっとも多いのが赤面症です。赤面恐怖症、赤面恐怖、赤面癖とも言われ、人前だと顔や耳の辺りが赤くなります。
あがり症は対人恐怖症
あがり症を始めとする対人恐怖症は、人との係わり合いの中で接触を避けようとしたり、恐れとかパニックを起こす状態に陥るなど、人付き合いに対する恐怖症です。
あがり症と多汗症
あがり症の方が汗を拭き拭きスピーチをしている姿はよく見かけられる光景です。緊張して大量の汗をかくのは多汗症とされます。
あがり症に効く市販薬
あがり症に効く薬が市販されています。効能は、緊張感やイライラ感の鎮痛・緩和、それから疲労倦怠感にも効果的で、本来は仕事や家事で感じるストレスに良い作用がある内服薬として登場しましたが、あがり症にも有用とされ、今ではあがるのを気にする方の間でしばしば飲まれているようです。
あがり症を精神安定剤で克服
あがり症を治療するのに精神安定剤は大きなメリットがあります。精神安定剤は有効性があり、高い効果が期待できます。
あがり症の催眠療法
あがり症の克服に催眠療法が行われています。催眠療法と言えば、精神的なトラウマを抱えた方や心の病と治すための治療法として、TVや映画の世界でもリクライニングソファーに座った患者の側でカウンセラーが話しかけたり、メモを取ったりする治療風景を見かける事がありますよね。
あがり症の治療施設
あがり症を治療する施設や場所と言えば、やはり病院が一番に思い浮かぶでしょう。あがり症は心療内科や精神科で診察が受けられます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1-37.ikeike.biz/mt-tb.cgi/2122

コメントする



このサイトを購読する